炭水化物の摂取を控えて薄毛を治す

本文地址:http://www.ghostsofwyoming.com/com/yunlinstone/
文章摘要:はげてきたとき行う発毛法 ,原标题:  央视网消息:世界卫生组织发布了最新一版的《国际疾病分类》(ICD-11),其中最受关注的一个举措是,把游戏成瘾(Gamingdisorder,也称游戏障碍)正式列入精神疾病,纳入医疗体系中。  除此之外,人社部针对不同留学归国人员还开设了多种服务性活动,包括海外赤子为国服务行动计划、海交会、留交会等。组图:梅西憾别世界杯娇妻携爱子看台助阵表情凝重http:///ent/4_img/upload/1edcbf7a/417/w987h1030/20180701/:///n/ent/4_ori/upload/1edcbf7a/417/w987h1030/20180701//:///n/ent/4_ori/upload/1edcbf7a/417/w987h1030/20180701//年07月01日10:01新浪娱乐讯北京时间6月30日举行的世界杯1/8决赛中,梅西所在的阿根廷不敌对手法国抱憾止步16强,比赛结束后梅西双手叉腰凝视着远方,场面令人动容。,Stroke中风ScientistshavealsoclaimeddrinkingtwoglassesoforangejuiceadaycouldcuttheriskofstrokeandthatpeoplewhodidnotgetenoughvitaminCeachdaywere30percentmorelikelytohaveone.科学家指出,每天喝两杯橙汁能够降低中风风险,而日常饮食缺乏维生素C的人中风可能性高出30%。两期化疗失败后,许多患者仍然体质较好,生存愿望强烈,亟需安全有效的后续治疗方案。  阜城县漫河乡前八丈村村民何国仁说:李主任来了以后就号召种西瓜,当时咱也不敢想,已经被砸怕了,也不想这个事情了。。

糖尿病で、血糖値が高い状態が長く続いてしまうと、糖尿病性神経障害といって手足の温度や痛みの感覚が麻痺してくるのです。これは血液中のブドウ糖が上昇して知覚神経内に入り込むためなのです。

知覚神経内に入り込んだブドウ糖は、アルドース還元酵素という酵素の作用により、糖アルコールという物質に変化します。知覚神経内で糖アルコールがふえると、熱さや痛みを中枢へ伝える役割を持ったCGRPの放出が低下し、そのため温痛覚が低下するのです。

それと同時に、手足ではIGF‐1ができにくくなります。IGF‐1は、育毛、発毛に効果があるだけではなく、傷の治りを早める作用があり、そのため重症の糖尿病の患者さんは傷の治りが遅く、感染症も起こりやすくなるのです。

炭水化物(糖質)を食べると、胃腸で消化されてブドウ糖ができます。ブドウ糖そのものも、また炭水化物も、毎日多量に摂取すると、胃腸の知覚神経の機能が低下し、頭皮を含めた全身のIGF‐1が減少していきます。

同じ炭水化物でも、GI値の高いものほど、胃腸の知覚神経機能を低下させるので、注意が必要です。炭水化物は体のエネルギー源として重要ですが、必要以上に食べ続けると、糖尿病のリスクが増加します。また、胃腸の知覚神経機能が低下してIGF‐1が減少し、抜け毛の増加や疲れやすいといったトラブルが出てきます。

自分の日常生活のために必要となるカロリーの量を計算して、その範囲内で炭水化物を食べるようにしたほうがいいと思います。ただし、すでに薄毛で太り気味の方は、今より炭水化物の摂取量をかなり減らす必要があるといえます。

もともと薄毛で悩んでいた女性は、糖尿病も患っていたので、サプリメントなどを使ってIGF‐1をふやすことにしました。すると、長い間、高かった血糖値が低下したのです。IGF‐1がふえることによって、糖代謝が改善したのだろうと考えられます。減塩と、減糖は極めて重要な習慣といえます。

このような成果巣習慣もふまえた上で育毛?発毛に励めばきっと髪の毛に変化が現れますし、体調も良くなっていくはずです。まずは食生活を見直し、頭皮ケアも欠かさず行えばいいでしょう(育毛のおすすめは はげてきた!ヤバい!はげたくない!【自力でハゲは治る!】 というサイトです)。

糖分を控えることはダイエットにも非常に有効なので、ぜひ取り組んでいただきたい習慣になります。

 

海藻類などにも発毛効果がある

亜鉛を最も多く含む食材は、牡蠣です。発毛効果のある量の亜鉛を摂取するには、1日牡蠣を7個ほど食べる必要があり、さすがに毎日は難しいですが、機会があるごとに食べるようにしてください。

海藻類にもIGF‐1をふやす食材があります。和朝食の定番の食材である海苔には、IGF‐1をふやす成分が含まれています。海苔の中にある、アミノ酸がつながった海苔ペプチドは、知覚神経を刺激してIGF‐1をぶやします。

海苔ペプチドには、血圧を正常化する作用もあります。IGF‐1には血圧の正常化作用もあり、海苔ペプチドの降圧効果もIGF‐1によるものと考えられます。

また、ワカメや昆布、メカブ、モスクなどのネバネバ成分には、多糖類であるフコイダンやカラゲーナンが含まれています。フコイダンには、免疫力増強効果、抗腫瘍効果、および胃潰瘍の抑制作用などがあります。

研究で、フコイダンは、知覚神経を刺激してIGF‐1をふやすことが確認されたので、フコイダンのこれらの作用もIGF‐1によるものと思われます。

カラゲーナンにも知覚神経刺激作用があることは古くから知られており、この物質もIGF‐1をふやすと考えられます。これらのことから、ネバネバ成分を持った海藻類を食ぺることも、育毛には効果的です。

独特の食感と風味を持つナマコは、韓国では血圧を下げ、子供の成長を助け、老人の健康によいとされています。IGF‐1には、血圧の正常化作用、成長促進作用、さらに生活習慣病や認知機能の改善効果があり、ナマコの持つ健康効果もIGF‐1の産物だと考えられます。

では、ナマコの何がIGF‐1をふやすのでしょうか。ナマコにはコラーゲンやヒアルロン酸が豊富に含まれています。実は、ナマコが胃で消化されてできるコラーゲンやヒアルロン酸の分解産物が、胃の知覚神経を刺激して、体内でIGF‐1をふやすことがわかったのです。そのほか、ナマコにはIGF‐1を高めることで骨密度を向上させ、炎症を抑えますから関節炎の改善にも役立ちます。

また、IGF‐1の増加は性腺刺激ホルモンの分泌を活発にし、強精作用ももたらします。

次は、ウナギです。ウナギといえば有名なスタミナ食ですが、ほかの食品にくらぺて大量のビタミンA(サバの50倍、アジの250倍)、ビタミンB1(アジ、サバ、玄米の5~6倍)、EPAを含んでいます。これらの栄養成分は、すぺて知覚神経を剌激し、IGF‐1を増加させるので、多くの健康効果や育毛効果が期待できます。

わが国の家庭での魚介類の消費量のトップ5は、イカ、マクロ、鮭、エビ、サンマです。マクロには、特にその脂(とろ)の部分にDHAが多く含まれています。DHAは、動物で筋肉のIGF‐1量をふやすことがわかっています。したがって、消費される魚介類のトップ5には、タウリン(イカ)、アスタキサンチン(鮭、エビ)、DHA(マクロ、サンマ)などが含まれており、魚介類はIGF‐1をふやす成分の宝庫だといえます。

ただ、これまでの研究をベースに考えると、十分な育毛効果を期待するには、紅鮭なら1日400g海苔ならば48枚を食べなければなりません。あまり現実的な量ではありませんが、知覚神経を刺激する成分はさまざまな食材に含まれています。

したがって、知覚神経を刺激する食材の種類をふやしていけば、個々の食材を大量摂取する必要はないと考えられます。

やはり、一般にいわれるように、一つの食品に偏らずに、玄米を中心に和食の食材をバランスよく摂取することがIGF‐1をふやすうえでも重要といえます。

 

魚介類を食べて髪を増やす

和食の代表的なおかずである魚介類には、発毛効果のあるIGF‐1をふやすものが多数あります。

日本は世界的な長寿国ですが、これは魚をよく食べることとも関係していると思います。日本に隕ったことではありませんが、漁師の人たちの心筋梗塞や脳血管疾患、悪性腫瘍などの死亡率は、一般の人たちのそれらよりも低いことが報告されています。

これらの事実は、魚を多食することが健康維持には重要である可能性を示しています。

同じ魚でも、サンマやアジなどの青魚は、特に健康によいようです。青魚に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)などのω3系脂肪酸は、血圧正常化作用、高脂血症改善作用、抗炎症、抗アレルギー作用、抗動脈硬化作用、および抗がん作用などが報告されています。いずれも、IGF‐1の効果と類似しており、ω3系脂肪酸もIGF‐1をふやす可能性があります。

和朝食でよく出される紅鮭にも、IGF‐1をふやす作用を持つ成分が含まれています。それは、鮭の身の赤い色素であるアスタキサンチンという物質です。

アスタキサンチンは、活性酸素の害を抑える抗酸化作用が強いことで有名ですが、研究で、アスタキサンチンには知覚神経刺激作用があり、IGF‐1をふやす効果もあることが判明しました。

IGF‐1は、体内の活性酸素を消去する酵素をふやすことが知られています。アスタキサンチンを摂取すると、それらの酵素がふえるために、体の抗酸化能が高まるのです。もちろん、IGF‐1増加による育毛効果も十分期待できることはいうまでもありません。

そこで、アスタキサンチンの育毛効果を検証するために、マウスにアスタキサンチンを投与した結果、毛の伸びるスピードが速くなることが確認されました。

さらに、ヒトでの育毛効果を検討するために男性型脱毛症の方5人にアスタキサンチン12㎎/日を服用してもらいました。すると、服用4ヵ月後、全員に育毛効果が確認できました。写真14は、そのうちの1人の育毛効果を示しています。アスタキサンチン服用により、頭頂部の薄毛が改善していることがわかります。

化粧品の材料としても使われていることから、アスタキサンチンには美肌効果も期待できます。IGF‐1の増加は肌の老化現象を抑えるので、アスタキサンチンが化粧品に利用されるのも理にかなった話だと思います。

また、イカやタコにはタウリンという物質が含まれています。すでにタウリンはIGF‐1をふやす成長ホルモンの分泌を促進し、また子供の成長に欠かせない作用があることが知られています。研究からも、タウリンは体の中で知覚神経を剌激し、IGF‐1をふやすことがわかりました。なお、タウリンは水に溶けやすいため、イカやタコを食べるときは刺身がいいでしょう。

次は、牡蠣です。牡蠣に多く含まれている亜鉛はIGF‐1をふやし、その作用を高める働きがあることも知られています。また、亜鉛が欠乏すると、薄毛になることもわかっています。

これらの事実から、亜鉛はIGF‐1をふやし、育毛効果を発揮りると考えられます。男性型脱毛症の人が。亜鉛15mg/日を服用した1ヵ月後には、明らかに増毛したというい報告もあります。

 

髪を蘇らせるために玄米を主食とする

玄米の発毛効果は毛根まで及ぶのです。

ほとんどの家庭では、玄米ではなく白米を食べていると思います。しかし、玄米は精白米よりも圧倒的に高い健康効果を持っています。

玄米には、白米と異なり、米ぬかがついています。米ぬかには、ビタミンB1、γオリザノール、γアミノ酪酸(GABA)など豊富な栄養素が含まれているのです。

玄米と白米の糖質としてのカロリーは、ほぼ同じですが、玄米を食べた後のほうが、血糖値が上がりにくいことが知られています。これは、玄米を食べることで、インスリンの働きがよくなることを意味しています。

実は、IGF‐1はインスリンの働きを助ける作用があります。ですから、玄米の米ぬかには、IGF‐1をふやす作用があると考え、実験を行いました。その結果、予想通り、米ぬかの成分であるビタミンB1、γオリザノール、およびGABAには、知覚神経を刺激し、IGF‐1をふやす作用があることがわかりました。

また、玄米は白米より腹持ちがよいことが知られています。これは、なぜでしょうか。

実は、胃腸の知覚神経を刺激すると、その直後は食欲は出ますが、しばらくすると食欲が落ちるという不思議な現象が表れます。たとえばトウガラシは胃腸の知覚神経を剌激し、それを食べると胃の働きが高まり、食欲も出ます。しかし、その後、胃腸の知覚神経は、トウガラシの刺激に対して、誤って警戒感を持ってしまい、食欲が落ちるのです。食欲が落ちれば、自ずと腹持ちもよくなります。

玄米のケースも同様です。玄米が、白米よりも腹持ちがいいのは、玄米の米ぬかに含まれている成分が、胃腸の知覚神経を刺激するためなのです。決して、玄米が白米よりも消化が悪いわけではありません。

また、IGF‐1を増加させる玄米は育毛のほかにも、たくさんの効果があります。

ひとつには、脂肪を燃焼させて熱産生を引き起こす作用があります。そのため、白米と同じカロリーを玄米でとっても、玄米食のほうが体は温まりやすく、太りにくくなります。また、脳の海馬の神経細胞を活性化して、認知機能を改善します。

話は変わりますが、世界中で、長寿の国?日本の和食に注目が集まっています。2013年には、和食はユネスコ無形文化遺産に登録され、味や盛りつけだけでなく、和食の健康効果も脚光を浴びるようになりました。

玄米だけでなく、脇役ともいえる日本茶にもIGF‐1をふやす作用があります。

日本茶に含まれるエピガラクトカテキンは、知覚神経を剌激して、IGF‐1をふやしてくれるのです。

また、和朝食でよく食べられる卵の黄身には、知覚神経を刺激するレシチンという物質が含まれています。したがって、卵を食ぺることも体内のIGF‐1増加に貢献するのです。

和食では、昔から生卵のまま食べる習慣がありますが、洋食の卵料理とは異なり、油を使わないという点でも健康的と考えられます。

なお、発芽玄米は、玄米よりも4倍高いGABAを含んでおり、玄米よりも高いIGF‐1増加効果を持っています。発芽玄米を取り入れるのも、育毛や全身の健康におおいにプラスになるはずです。

 

発毛のためにトウガラシと大豆を食べる

トウガラシの辛味成分であるカプサイシンは、胃の知覚神経を刺激し、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質を放出させます。

CGRPは、カプサイシンによる刺激を脳へ伝え、その結果自律神経系が活性化されます。すると、少量のアドレナリンとアセチルコリンという神経伝達物質が放出されます。

少量のアドレナリンとアセチルコリンは、自律神経の刺激情報を末梢組織に伝え、全身の知覚神経を刺激します。その結果、知覚神経からCGRPが放出され、毛根で毛乳頭細胞に作用し、IGF‐1をふやすのです。毛乳頭細胞で作られたIGF‐1は、髪の毛のもとになる角化細胞を分裂増殖させ、髪の毛を伸ばします。

さらにIGF‐1は髪の成長期を延ばすと同時に、退行期や休止期を短縮させ、抜け毛を減らして育毛を促進します。

いっぽう、大豆の成分であるイソフラボンは、知覚神経緇胞内のCGRP量をふやしてくれます。カプサイシンとイソフラボンを同時に食べると、毛根のIGF‐Iが効率よく増加して育毛が促進されます。

実際にカプサイシンとイソフラボンが育毛を促進するかどうかを確かめるために、トウガラシ2gに含まれるカプサイシンと豆腐200g(1/2丁)に含まれるイソフラボンをいろいろなタイプの薄毛の方31人に摂取してもらいました。その結果、カプサイシンとイソフラボンを摂取して5ヵ月後には、64.5%の方に育毛効果が認められました。血液中のIGF‐I濃度も、摂取前と比較し、5ヵ月後には有意に増加していました。

IGF‐1の作用は毛根以外の全身に及び、たとえば高血圧など生活習慣病の改善効果もあります。事実、これらの薄毛の方の中で、高血圧が認められる方では、カプサイシンとイソフラボン摂取5ヵ月後に血圧が正常化しました。なお、正常血圧の方では、血圧は変化しませんでした。

血液中IGF‐1濃度は、正常血圧の人だちと高血圧の人たちの両群で増加しており、IGF‐1は高い血圧のみを下げる作用があるといえます。

この研究では、脳にもIGF‐1が作用することが明らかになりました。脳の記憶を司る海川という組織では、IGF‐1によって神経細胞が再生することは以前から知られており、記憶力だけでなく、うつ症状が改善することもわかってきました。

実際、カプサイシンとイソフラボンを摂取してもらった薄毛の方の中に、うつ症状が強かった方が5人いましたが、5ヵ月後には、全員のうつ症状の改善が認められたのです。

今回の研究では、サプリメントを使用しましたが、日常でこれらの成分を摂取するとしたら、豆腐1/4丁入りの味噌汁にティースプーン一杯の一味トウガラシを入れ、これを朝晩1杯ずつ飲めば、同様の効果が期待できます。

カプサイシンを含む食品として、トウガラシのほか、ハバネロ、パラベーニョ、豆板醤、ラー油、キムチなどがあります。一味トウガラシなどを持ち歩き、外食時に味噌汁や吸い物などに振りかけるのもいいでしょう。

実際、トウガラシと豆腐入り味噌汁を毎日食べた方は、抜け毛が減った、髪の毛が太くなった、こしが出た、白髪が減ってきたなどの効果を実感しています。

またカプサイシンとイソフラボンのサプリメントを服用した方は育毛のほか、高血圧やめまい、頭痛などが改善しました。

なお、胃の弱い人に刺激物はタブーといわれますが、トウガラシで胃潰瘍を治した報告もあり、胃の弱い人ほどトウガラシはすすめられます。塩からい刺激と違って、ピリ辛の刺激は体によいので、あまり神経質にならないほうがいいでしょう。